6月の視察

     

例年になく、遅い梅雨入りをした長崎・五島地方は本格的な雨が降り続いています。
災害が出るほどの大雨には困りますが、毎日の通勤途中にある畑の「キュウリ」が雨を受けて生き生きと葉を大きくし、枝を伸ばし次々と実が大きくなっていくのを見ていると、やはり私たち人間だけではなく、動物や植物にも雨は大事なんだなと感じているところです。

さて、6月も視察等の受け入れを行い、注目度が上がっていることを感じております。

〇 6月12日には、TV局による撮影もありました! しかも海外の局です。
韓国の「ウルサンMBC」様が来社し、撮影とインタビュー(橋本代表が対応)を行われました。


橋本代表がライトを浴びてインタビューに答えております。


どのような感じで放送されるのか是非見てみたいです。

〇 6月13日は長崎県広報誌関連御一行様が取材の為に来社されました。


橋本代表へのインタビュー後に情報管理センターでも監視業務の視察を受け入れております。

〇 6月28日には、新潟県柏崎市より行政視察のご一行様が来社されました。


柏崎市 櫻井市長が自ら来社され、遠隔監視の説明を熱心に聞きいっていました。

今後、梅雨明けと並行して台風シーズンが到来します。(画像は台風3号)
「備えあれば患いなし」素早く柔軟に対応できるように準備を万全にしてこれからの時期に備えたいと思います。
※個人的には初体験となる保健指導にも備えたいと思います。

Top