E-WINDアカデミーの研修で椿の実収穫&皮むきを行いました。(9/11実施) 

     

先日の台風9・10号、ひどかったですね。停電や地域によって断水もあったそうですが、皆様大丈夫でしたか?

さて、今回、E-WINDアカデミーの研修の一環で、椿の実の収穫を9月11日に行いましたのでレポートします。

こちらは、五島の地域電力会社「五島市民電力株式会社」が行う地域貢献事業で高齢化、過疎化で荒廃した椿林を再生するプロジェクトで、前回は5月29日に草刈りを行った場所です。

この日は少し湿気を感じましたが、日射しによる暑さが和らぎ作業しやすい気温でした。

椿の木を見ると、椿の実が大きくなり、色づいたものもありました。

早速、収穫開始!木の上側に実っているものが多くなかなか届かない・・・
高すぎて届かないものは師匠(SDGs推進室長)にお願いしました。
たまに落とした実がコロコロ転がって見失うことも。

収穫した椿の実はE-WIND本社の屋上で乾燥させます。

椿の実を乾燥させると、硬い皮が割れて中の黒い種が現れます。
皮を剥いで種を取り、さらに乾燥させます。

実を絞る作業に入るまでまだまだ時間がかかりそうです。どれくらい油が搾れるか楽しみです。


E-WINDアカデミーについて

「人生100年時代、夢を叶える働き方」
E-WINDアカデミーの詳しい情報はコチラから
https://e-wind.jp/academy

Top